main_sozai

使用する材料について

構造材

kouzou200構造材には静岡産のヒノキやスギを採用しています。
大黒柱は7寸角以上、土台は桧の赤身4寸角、柱はオール桧で隅柱(四隅の柱)は4寸角、梁は杉材を使用しています。
無垢材は「反れる」「割れる」と敬遠される方もいらっしゃいますが、きちんと乾燥させた材木を使用すれば割れが生じても強度に問題はございません。集成材は経年変化を起こしにくいといった特徴がありますが、浩英建設では無垢材をおすすめさせていただきます。

下地材

shitaji250屋根の下地材にはヒノキの無垢材をおすすめしております。
1階の床下地もヒノキをおすすめしておりますがご予算の関係上合板になる場合もございます。1階の床下地が桧になった場合でも2階は合板になります。(応相談)
床暖房仕様の場合は下地は合板になります。

 

床材・壁材

床材(主に桧・杉)は提携している影山木材から仕入れております。
自社で山林を所有しており、伐採・製材・乾燥を一貫して行うことで、安定した高品質な素材を提供することが可能です。「無垢材は反るのでは」と不安に思ってらっしゃる方も多いかと思います。

※複合フローリングをご希望されるお客様にはご要望に添えるよう対応しております。
※小屋裏収納庫の天井材と床材に無垢板を使うかどうかはプランやご予算によってご相談させていただきます。

当社の床材は含水率15%~18%以下に乾燥させたものを使用しております。これによって大幅に反ることはなく、今までも「大きく反り返った」と問い合わせを頂いたことはございません。ただ、木は生き物なので季節によって湿度が変わると多少の反りや縮みはおこります。無垢材の性質をご理解いただきますようお願いいたします。


naisou250ホタテ貝やモミ殻からできた天然素材100%の内装材でコストを抑えながら天然素材の家づくりを行うことが可能です。これらは調湿機能だけでなく、有害物質を吸収してくれる効果もあります。

クロス張りなどで接着剤を使用しなければならない場合も有害物質を吸収してくれることでシックハウスを防ぎます。また、収納の壁面には調湿機能のある杉材を張っています(棚板等は合板を使用)

断熱材

使用している断熱材はセルローズファイバーまたはグラスウールです。
セルローズファイバー:様々な繊維が絡んで空気胞ができ、熱や音を伝えにくくします。 さらに木質繊維特有の吸放湿性で、適度な湿度を保ちます。
グラスウール:ガラス繊維でできた、綿状の素材。長期間たっても性能の劣化が少ないといわれています。
サッシは複層のアルミペアガラスを標準で採用しています。

dannetsu700

 

 

banner_toiawase

伸び伸び育つ家

浩英建設スタッフの現場レポート

無垢の家具

施主様との記念撮影

  • SUUMO注文住宅

    神奈川で建てる2018春夏号

    リクルート  
    発売中
    横浜市I氏邸



  • 家づくりBOOK2018

    神奈川新聞社
    発売中
    横浜市 I氏邸

    立木選定