お宅訪問日記

お宅訪問日記/茅ヶ崎N邸さま

houmon_n1「建築にかかわる仕事をしているので、 漠然と木の家が建てたい。という想いが あったんです。浩英さんの家づくりが評 判でも聞いていましたのでお願いするこ とにしました」と語る旦那様。

N様は、2008年に浩英建設で家を建 てた。 訪問の日は大黒柱の前でご家族集まっ て記念写真をパチリ。 「新築当時にも同じ写真を撮りました。 あの頃は一番下の娘は生まれていなかっ たですね」とN様。 大黒柱は4年間、家族の成長を見守る 存在だ。

 

 

 

 

 

3人兄弟は皆、驚くほど仲が良い。旦那様 は、「いつも一緒に行動しています。宿題する ときは一緒にやるし、テレビを見る時も一緒 に見ています。仲が良すぎるくらいですね」と 笑う。

houmon_n2家族がどこにいるか分かるように、リビングの 中へ階段を設けた。間仕切りは少なくし、子 供部屋も広い一室にしている。訪問した日 も兄弟3人は二階の子供部屋で遊んでいて、 絶えず笑い声が聞こえてきた。

「この家に住んでから、子供が風邪をひく回 数が減った気がします。とにかく元気で困っ ちゃうくらいです」と奥さんは苦笑いしていた。

訪問時は6月で、外はジメジメとしていたが、家の中に入ると湿気を感じないので驚く。

桧の無垢床はサラリとしていて気持ちよく、4年を経て飴色に変化している。 「子供がたくさん走り回るので、傷はついていると思います。

しかし、無垢の床だとそれほ ど目立たず、むしろ味わいになるので気に入っています」 貝殻の漆喰である「チャフウォール」も白さを維持していた。

 

◇訪問を終えて◇

houmon_n3今回もとても楽しい訪問でした。

訪問するたびにお子さんの成長を見ること ができ、家づくりをした私たちとしてもとても うれしい限りです。
お子さん3人がとても仲が良いとのことで、 「住まい」の影響もあるのかな?と感じました。

気を引き締めて、引き続き良い家づくりに 精進していきます。

 

 

 

banner_toiawase

伸び伸び育つ家

浩英建設スタッフの現場レポート

無垢の家具

施主様との記念撮影

  • SUUMO注文住宅

    神奈川で建てる2018秋冬号

    リクルート  
    発売中
    横浜市H氏邸



  • 家づくりBOOK2018

    神奈川新聞社
    発売中
    横浜市 I氏邸

    立木選定