バリアフリー工事

バリアフリー工事について

内観集 外観集 水廻り 二世帯住宅 バリアフリー工事 着工から完成までの流れ①(計4ページ)
手すり取付

kouzou200手すりがあると高齢の方やケガをされている方が掴まって立ったり座ったりする動作が少し楽になります。
玄関・浴室・トイレなど生活するうえで必要な箇所に取り付けます。
介護保険を使った工事も承ります。(左の写真は介護保険を使った手すり取付工事)
工期や金額は手すりを取り付ける場所に下地があるかどうかや現況の条件によって変わってきますのでまずはご相談ください。

車椅子対応

shitaji250車椅子で生活でも快適に過ごせるようにご提案させていただきます。

新築の場合はエレベーターを設置する事も可能です。
当社でもエレベーターを設置した施工例がございます。


介護保険の住宅改修について

介護保険の住宅改修について(横浜市)
要支援や要介護者の方が対象になります。
手すりの取付などの住宅改修を行った場合、対象の方は介護保険の給付費として払い戻しがあります。
限度額20万の場合保険給付が18万(1割負担の場合)
一定以上の所得がある方は負担が2割・3割と変わってきますのでまずは担当のケアマネジャーにご相談ください。

詳細は横浜市のホームページをご覧ください→介護保険の住宅改修費について(横浜市のサイトが開きます)
手続きの流れ
(1)ケアマネジャーに相談し理由書を作成してもらう
(2)改修の内容を事前に区役所保険年金課へ相談
    ※受領委任払い業者に工事を依頼すると利用者負担分を支払うだけで工事が可能です。

住宅改修費の支給を受けるには工事前の申請が必須になりますのでご注意ください。

川崎市の方はこちらを参ご覧ください→住宅改修費の請求(自宅のバリアフリー改修をする場合)
藤沢市の方はこちらをご覧ください→住宅改修費支給申請の手続きについて

当社は横浜市と川崎市の住宅改修受領委任払い取扱い事業者に登録しております

 

 

banner_toiawase